PXL_20211004_235331629

「やだ」っていったら、どうする?
いつものママの一言から、ベニーの冒険がはじまります。
家を飛び出して、動物園へ、サーカスへ、そして月へ…。
ママは、口が達者でいたずら好きな息子に楽しくつきあいながらも、はぐれないよう上手に導きます。


文/ モーリーン・ファーガス
絵/ チン・レン
訳/ しかた まさみ

ワールドライブラリーの、カナダの絵本です。
定期購読の配本にも含まれてますが、先走って買ってしまいました。


内容は、とにかく面白くて、私がワクワク、子どももワクワク、
「やだ、って言ったらどうする?」のタイトルを読み上げたところから、
もう興味深々でニヤニヤしていました。


そして繰り広げられる、「イヤ」からの大冒険…

こんな悪いことをしたらどうする?そこでもイヤって言ったらどうする?
ニヤニヤと母親を試すベニーに、サラリサラリと答えるお母さん。
こんな風に応えられる母親になりたいなと参考になったし、
うちの子もベニーと一緒になっていたずらっ子みたいな表情になっては
お母さんの答えにワッと歓声をあげたり、なんでぇ~~?!とゲラゲラ笑ったり…

イヤな気分になりがちな「イヤ」が、こんなに楽しい大冒険になるなんて!!

子どもも存分に楽しんでくれて、すっかりお気に入りです。


PXL_20211004_235350550


そもそもは、この表紙を絵本コーナーで見つけたことが
world libraryを知った…というか意識したきっかけです。

タイトルがあまりにも直球で、おかあさんが何て答えるのかが気になって気になって…
でもそのとき、まだ子どもは1歳。まだしゃべってもない!
そして少々、お高い… 読んでみたいけど… 我慢…

と、惹かれながらもそのときは購入を我慢して、なんとなく心の片隅に残ってた絵本でした。
(ビニールでパックされてたので試し読みできなかった)

その後、ネットで定期購読を知り、
配本予定を見て、そして見つけた、

『「やだ」っていったら、どうする?』!!

こ、これだ~~!!

見ると、どこの書店でも買える訳ではなかったようで。
私が見かけたのは、たまたま入ったおもちゃ屋さんの絵本コーナーでした。

ほかにも気になる絵本がたくさん、そしてお高いと諦めたのに、
定期購読にすると月1000円(+送料)… 
ウッソ~~~~

でもでも、定価より価格が下がるとは言え、決して安い訳ではない…と、
悩みはしましたが、気が付くとポチポチと申込みしてしまいました。


そして毎月届くのを楽しみつつ、子どもは3歳も半ばになり、
繰り返される「イヤ」攻撃の毎日…

思い出しました、この絵本のことを。
そして確認すると、配本予定は…5歳!ま、待てない!!!!

という訳で、先走って購入してしまったのでした。
先走ったとは言ったものの、大正解でした!!

5歳向けとはいえ、難しい内容ではないし文章もそれほど長くなく、
タイミングとしては今読んであげて良かった!!と思いました。

私もやっと念願かなって読めて良かったです



ちなみに、持ってる本はマイページで配本予定から外せます。
代わりに違う絵本が届くそう。ワクワクです。ありがたい~!





月額1,300円(税・送料込)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。